絶対に収益物件選びで成功したい│不動産業者に相談

毎月の収入を安定

積み木

投資用物件を運営する場合、入居者募集であらゆる人が内覧に訪れます。その中で、稀に連帯保証人の名前を契約書に記載できない人も出てきます。収入面で見ても、入居しても問題なさそうなのに保証人がいないと、審査が通りにくくなってしまうのは勿体ないですね。特殊な事情で保証人の名前が契約書に書き込めない人を取りこぼしたくないなら、家賃債務保証を利用するのがおすすめです。専門の業者が連帯保証人となってくれるので、入居の審査が通りやすくなります。保証人がいない人でも、契約が通りやすい体制を作っておけば、少なくとも空室が生じるリスクを最小限に抑えられます。毎月の家賃収入を空室によってもたらされる金額が減るのを防ぎたいなら、家賃債務保証に頼りましょう。

家賃債務保証は、貸主と家賃債務を保証する契約を結ぶ関係上、滞納が発生した時に業者が未払い分の家賃を立て替えてくれます。未払いを引き起こした入居者が現れても、滞りなく収入が得られるのです。毎月得られる家賃収入が変動しないのはありがたいものです。それに、未払いを引き起こした入居者側には、業者から求償してくれます。本来、大家さんがやる仕事を業者側で行なってくれるので、投資用物件の運営負担を最小限に抑えられます。

もし、家賃債務保証を利用するなら、良心的に催促対応をしてくれるか調べた方が良いです。取り立てのために、執拗な催促活動を行なうところもあります。強引な手法で取り立てを行なうところだと、入居者募集にも大きく影響を及ぼすので慎重に探しましょう。